国際学力調査発表

久し振りのブログ

本当に申し訳ないです。ブログの更新やっとのってきました。 

先日お話しましたサッカークラブ・ファジアーノがJFL昇格したことについてなのですが、どうもJFLを舞台に戦うには、年間2億円必要らしいです。5000万円は地元企業のお力で集まったようですが、これでは4割にも足りてません。先行き不安です。私としては、応援自動販売機で、ジュースを買っているのですが、それだけじゃ厳しいですよね・・。今後の動向に注目したいです。

話は変わって、経済協力開発機構(OECD)は57カ国・地域で約40万人の15歳男女が参加した国際学力テストの、理科に関するアンケートで、日本は関心・意欲を示す指標が最下位になりました。(12月4日の毎日新聞から抜粋)

私としては、とても残念です。理科ははじめはとっつきにくいのですが、わかってくると、勉強もスムーズです。理科は学校の先生の教える力がかなり大きいですので、授業がおもしろいものが多かった気がします。物理、化学、生物、地学のどれか一つは楽しめたというかたは割といらっしゃるのではないでしょうか。

私は化学が好きでした。あまりにも好きだったため、大学生になってから長いこと化学の好きな女性とお付き合いしたいと思ったほどでした。(^o^)/ 英文学科や外国語学部などの女の子はたくさんいるのに・・(あ、そういう人とおついきあいが多かったという意味ではありません。(泣))

話がそれましたが、理科は役にたたないから勉強しないという発想はやめてほしいです。役に立ちますよ。大人になると・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)